2017/02/15

物販事業
物販事業

物販事業

お客様の「駅で◯◯が買えたら」という声にお応えして、コンビニ、スーパーマーケット、
お土産ショップ、宝くじ店、自動販売機を展開しています。
お客様のニーズやシーンに合わせてフレキシブルにお選びいただける、
魅力ある駅店舗づくりをめざしています。

Featured shops & NEWS
Featured shops & NEWS
物販事業
物販事業

フランチャイジーとして、コンビニエンスストア「ファミリーマート」日本や世界から選りすぐられた商品を提供するクオリティースーパーマーケット「成城石井」を展開しています。あなたの暮らしに役立つお店はコチラから!
 

 

名鉄電車が語るエピソード
名鉄電車が語るエピソード

モノに笑顔と気持ちをそえたサービスを

名鉄の駅の中にあるファミリーマート
通勤、通学、出張、旅行……。いろんな人が列をつくっている朝のプラットホーム。僕は、時刻表通りに到着してドアを開ける。するとファミリーマートから「ありがとうございました。いってらっしゃい!」と、元気のいい声が響いてきた。そちらの方を気にしてみると、カップコーヒーとパンを持って、いそいそとこちらへ歩いてきてる男子学生がいる。どうやら寝坊したみたいで少し髪に寝癖があるけど、朝ご飯を買えてほっとしてるんだな。

駅のコンビニでは、スピードと正確さが必要
駅のコンビニを利用する人は、なんだかソワソワしているんだ。僕らがいつ来るか時間を気にしている人もいれば、これからのお出かけにワクワクして、気もそぞろになってる人もいる。実際、さっきの男子学生よりも慌てた様子で来る人もいるし。
滑らかに人が乗り降りする中で、ふとあのコンビニの新人アルバイトさんが、先輩に教えられていたことを思い出す。「ねえ豊田さん。駅のコンビニを利用するお客様は、街中のコンビニのお客様よりも無意識にスピードを求めてるの。だから、スピードと正確さが必要なのよ。でも、それだけではまだ不十分。同じ物を買うなら、笑顔で応対してくれる人とそうでない人と、どっちから買いたいと思う?」って。さっきの元気のいい声は、確かその新人の豊田さんの声だったな。前よりももっといい感じになってて、ちゃんと成長してるって分かる。


「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」の気持ちを込めて
それにしても、コンビニって本当に便利だなあ。昔は駅って僕らに乗り降りするためだけの場所だったけど、ここでいろいろな物が手に入るもの。そもそもは「新聞やお茶が駅で買いたいなあ」っていうお客さんの声に応えて、昭和25年に名鉄名古屋駅で始めた移動式の売店がルーツらしいけど。今じゃあギフトショップやスーパー、宝くじ売り場に自動販売機もあるんだからな。
本当に便利な世の中になったし、駅はみんなの暮らしの中心になった。だからこそ、出かける人には「いってらっしゃい」を、帰ってきた人には「おかえりなさい」の気持ちを込めてサービスしてるんだ。……よし、ドアを閉めて安全確認もOK。それでは豊田さんを見習って、今日も元気に出発進行!

ホームへ先頭へ前へ戻る