2017/07/31

人と人との関わりを楽しく
人と人との関わりを楽しく

人と人との関わりを楽しく

名古屋鉄道(株)の沿線不動産の価値向上をミッションとする、PM事業部(※1)の田畠義之。入社後、電車や駅、ビルなどの請負清掃を行う環境メンテナンス部での勤務を経て、現職に異動した人材です。その仕事ぶりや社内教育についてのインタビュー内容を紹介します!

社歴
H22.4 入社(研修)
H22.6 環境メンテナンス部
H27.7 PM事業部(ミュープラット金山事務所)

ーーPM事業部で担当している仕事は?
金山駅構内には「ミュープラット金山」という、20店舗以上のテナントが集まる商業施設があります。私はそこで、日々の営業管理や各店舗の販促サポート、そして施設の販促キャンペーンの企画などを担当しています。オーナーの名古屋鉄道様とテナントの皆様の収益向上を図っています。

ーー仕事をする上で大切なことは?
「ミュープラット金山」があるのは、たくさんの人が行き来する駅の構内です。ですから、安全・安心に配慮することが欠かせません。もし地震が起こっても施設から出火させないなどのリスク管理を、テナントの皆様と協力して行います。そうした配慮の上に、駅ナカでの商売が成り立つのです。

ーーPM事業としての強みは?
テナントの皆様に寄り添いながら、それぞれの課題に一歩踏み込んだ対応ができることです。「お客様に入店していただくためにはどうすれば?」といった悩みに応えるように努めています。こうしたことができるのも、名鉄産業が駅構内に飲食店やコンビニを自社展開しているためです。私も店長経験のある先輩に駅の店舗ならではの運営ノウハウを教えてもらいました。

ーー名鉄産業ならではの経験は?
まったく業務内容が違う部署の仕事を経験できることです。私はもともと環境メンテナンス部の営業でした。企業の担当者の方へこまめに連絡し、小さなことにもレスポンスを良くすることは今の仕事にも役立っています。当時は先輩方に可愛がられながら、OJTで仕事を学んでいました。駅やビルの清掃業務に関連して、鳩の糞害を抑える新しいサービスを売り込んだのもいい経験でしたね。(※2)

ーー今後、入社してくる社員に伝えたいことは?
学生のうちは仕事の責任にプレッシャーを感じて、不安になることもあると思います。ですが名鉄産業は、先輩がちゃんとアドバイスをしてくれる会社です。私自身、教えられながら仕事を覚えていけたので不安はありませんでした。年齢に関係なく風通しがいいので、安心して入社してきてほしいですね。

(※1)PM(プロパティマネジメント)事業とは……建物の設備メンテナンスや、テナントの誘致および賃貸契約に至るまでの交渉、家賃・共益費の回収、トラブル対応などの大家業務を代行し、資産価値を高める事業
(※2)2015年名鉄産業表彰式にて、環境メンテナンス部としてビルクリーニング技能士(国家資格)の社内実技研修を実施したことを評価され表彰されています。

ホームへ先頭へ前へ戻る