2017/05/08

商事事業
商事事業

商事事業

商事事業では、オフィス家具の商品販売する商事事業と、
生花、造花の販売や観葉植物のレンタルを行なっている、
フローラ事業の二つの事業で成り立っています。

NEWS
NEWS

 

駅などの店舗で扱う食材から、地球環境に配慮した商材まで、
人や事業の「必要」を実現する商品を販売しています。
時代に即応した商品で、お客様が毎日の生活を安全、快適に過ごせるようサポートしています。

法人のお客さま向けに、生花、造花の販売や観葉植物のレンタルを行なっています。
生花部門では、供花をはじめ店舗などの生花装飾を、造花部門では、「光触媒加工した人工花」を取り扱っています。

 

オフィスに安らぎと便利さを

ビルの中に生み出す安らぎの空間
オフィス街の真ん中にある、いつものバス停で止まる。この時間は乗り降りする人が多いうえに、信号待ちになるとやたらに長い。でもあせってはだめだ。安全第一。そんなとき、いつも眺める場所がある。道路の向こう側に建つ、ガラス張りのオフィスビル。その2階にあるラウンジ風の打ち合わせコーナーだ。小ぶりなサイドテーブルや、柔らかな色味のソファが据えられたフロア。窓辺には花や観葉植物も飾られていて、落ち着くうえにちょっと心が浮き立つ。通りすがりに、少し目線を上げて眺める人たちもいる。

職場全体をきちんとお世話
インテリアがきれいなオフィスはたくさん見ているけれど、ここの雰囲気はちょっと違う。名鉄産業が窓口になって、ワンストップサービスを提供しているからだ。オフィス家具から防災用品まで、職場全体のお世話をしている。サービスの中には、蛇口の水量を自動的に節約してくれるシステムの提供なんてものもある。
もし自分たちの手でやろうとしたら、一つひとつは小さくても全部合わせると大変な手間だ。こうした手間を一手に引き受けてくれる人たちがいると、そこで働く人は本来の仕事にきちんと集中できて心強い。私がお客様を乗せて走ることに専念できるのも、注油や清掃をしてくれる人たちがいるからだ。快適な職場環境をつくるのが、名鉄産業の大切な仕事になっている。

法人用の生花・造花販売から観葉植物のレンタルまで
名鉄産業は周年記念や開店祝いなど、伝えたい想いとシーンに合わせた花も用意してくれる。同じビルに入った新しいテナントへ贈られた胡蝶蘭も、オフィス家具と同じように注文されたものだ。さらに観葉植物のレンタルも手がけている。あの窓辺に並ぶ鉢植えもすべてそうだ。コンディションや季節によって入れ替えて、一鉢ずつお世話している。そのおかげで、いつもみずみずしい緑が茂って涼やかだ。心なしか、あそこで働く人たちも生き生きとした表情になっている。

ホームへ先頭へ前へ戻る