駅店舗事業

名鉄産業は駅を拠点として、お客様の様々なニーズにお応えしていきます。

名鉄電車がこの地方を走り始めた明治31年。当時の駅は、ただ電車に乗降するためだけの施設でした。しかし、時代の移り変わりと共に、電車を利用するお客様の目的もニーズも多様化していきます。「新聞やお茶が駅で買えたら…」そんな声に応え、昭和25年、名鉄名古屋駅で移動式売店を始めたのが名鉄産業のルーツです。

その後も、名鉄各駅に展開する直営の売店「サンコス」をはじめ、食事お待ち合わせに、喫茶店、レストラン。名鉄産業は、お客様のニーズやシーンに合わせてフレキシブルにお選びいただける、魅力ある店舗づくりをめざしています。

また、名鉄をご利用されるお客様の為、名鉄各駅の構内を中心に各種のテナントを誘致し、利便を図っています。

サンコス

ファミリーマート

麺坊 かどや

成城石井

manaca

駅構内の多くの店舗につきまして manaca の対応をしております。 平成23年2月11日 manaca スタートイン後、多くのお客様にご利用頂いております。


このページのTOPに戻る